« 2007年12月 | トップページ | 2008年2月 »

SKIPJACK 2号

中々更新せずにいましたが、色々と作業は進んでおります。

何とかSKIPJACKが動いてくれたのを良いことに2号艦の作成に挑みます。

Sany0001 早速ハルを仮止めしてみます。相変わらずな作りです(^^;

ハルの歪みも前回同様ですがハル自体の厚さのばらつきも同じところですね。金型そのものが悪いのかなぁ?

Sany0013 何とかこの辺まで出来ました。今回はハルの合わせを前回の方法とは変えてみました。今回は前部ハル下部だけをビス1本で止めるようにしてあります。これでだいぶ遊ぶとき楽になりますね(^^)v。

Sany0002 今回のWTCはφ35mmで前回と同じですが、モーターもWTC内に収めます。そこでこんな物をつくりました。スペースがあまりないのですが一応ギヤダウンしてあります。

Sany0010 Sany0012

こんな感じに収まります。

後はリンケージ周りをどうするかですが、これが難解。一応すべて船体内部に収納したいのですがどうなることやら(^^;

乞うご期待!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

小型WTC動力テスト

皆さんお寒うございます。毎日の通勤時、寒さが骨身にこたえますね(^^;。

Sany0001 まだ具体的に搭載作業が進まない小型WTCですが、モーターを借り付けして動力テストしてみました。3,7v 90mAhのリポバッテリーを搭載しています。

">小型WTC動力テスト

モーターも結構勢いあります。多分5分ぐらいでバッテリー切れになると思いますが、充電にはそれほど時間もかからないので2,3個用意しておけば充電しながら1日大丈夫。かな?

あと1ch余っているのでLED用の電源も取れますね(^^)v。

シービュー号に搭載予定ですが推進装置をどうしようか悩んでいます。一般的なスクリューが簡単で良いのですがリアルさに欠けますよね。でもポンプジェット式を作るのは海人党には難しい…(^^;。

ところで今年のフネカンは中止になったみたい、楽しみにしていたので残念です。フネカン出場用艦艇も作成中だったのになぁ。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

おー寒!

昨日は横浜プールセンターでAMMの新春初ミーティングに参加してきました。前日までの雨は止んだのですが気温は上がらず激寒でした(^^;。

寒さの為かみなさんいつもより水に手を入れるより話しているほうが多かった?海人党も潜水艦より小型電動ボートで遊んでいる時間が多かったかな?潜水艦の場合必ず水に手を入れますからね。

Sany0017 Sany0018

今回は小型のシービュー号にマイクロ水中モーターを組み込んだものを走らせて見ましたが水流が上手く抜けてくれない為かスピードが上手く乗りません。用改良ですね。今年のフネカンにと思ったのですがまだまだ改善しなくては(^^;。

Sany0019 Sany0023

これはトムさんの新艇、かっこいいですね。ディテールにかなりこだわっていてかなりリアルでした。シュノーケル装置を積んでいるそうです。今後が楽しみ!(^^)v

そういえば雲山さんYF-22B-2を仮組みした物をもってきていました。宇宙船や飛行機系も増えていきそうですね。海人党も小型WTCで第2次大戦当時の航空機を作成したいと思っています。

Sany0024 昨日のミーティングでYoshiさんから頂いた韓国のお土産(^^)/。昨日は寒かったので車で帰ったにもかかわらず家に着いても身体が暖まらなかった。でもこれを1杯くいっとやったら暖まってそのまま数時間寝てしまいました(^^);。Yoshiさん有難うございました。

今日も寒いですが参加のみなさん風邪などをはかぬようにお気をつけ下さい。

追浜が恋しい海人党でした。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

ブログ初め

Sany0044 明けましておめでとうございます(遅すぎますがまだ松の内ということで…)。本年も宜しくお願い致します。

例の小型WTCを何に入れようかとストック棚の中を物色していたらこんなもの発見。ユニオンモデルのシービュー号です。

中にミニュチュアが入ってました。

Sany0046 そこで海人党、閃きました。今年のフネカンこれでいけるかな?レギュレーション次第ですが作っておきましょう。

画像はマイクロ水中モーター上がyoshiさんから頂いた原型、したがハルに入るように削った同型です。

Sany0045 浮力材を入れてバランス調整中。

しかしシービュウ号ってハルの形状そのものが潜舵?大きいのも小さいのも調整難しそう(^^;

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2007年12月 | トップページ | 2008年2月 »