« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »

凄い人達

なんだかお天気安定しませんね、昨日は仕事を休んで山に芝刈り?に行ってきたんです。予報では雨模様の天気で気温も上がらずとのことだったので重装備で出かけたのですが…朝のうちは土砂降りでしたが午後から晴れてきて気温もぐんぐん上昇(^^;。蒸し暑かったぁ。まあ一日土砂降りよりは良いですがね(^^)。

そうそう各地では大雨で被害が出ているところもあるとか、早くお天気も安定してくれると良いですね。

ところで先日、ネット見ていたらProjekt 1710 なるサイト見つけました。ご存知の方もいらっしゃると思いますがアルファー級のRCモデルを作製するというプロジェクトのHPなんです。

でも凄いんです。何が凄いって?ハル内のメカの作り込みがとにかく半端じゃないです(^^;

ぜひ一度ご覧ください。ドイツ人の方のラジコン作りは質実剛健?(^^;

もしこんな精巧なキットがあったら高価なんだろうなぁ(´`;

| | コメント (3) | トラックバック (1)

パーツ購入

最近毎日雨ばかり(´`)、寒い日が続きますね。夏は終わってしまったのだろうか?

今月は追浜ミーティングが中止になったので、いつも真近になるとアタフタと焦る私もの~んびり。でもほとんどミーティング以外でしか遊ばない海人党はちょっと寂しいなあ(´`)。

次回に向けてじっくり調整しましょう。

Sany0006 ところで、今日は新しい商品のご紹介です!ってテレビショッピングみたいじゃん(^^;。

実は先日ブログにも書きましたがダミー電池を自作したときに凄く良いネットショップ見つけちゃいました。工房モコというサイトです。

上の画像が購入商品です(本当は他にも購入しましたが)。左から変身ホルダー(単4→単3)、真ん中がダミー電池(単2と単3用)そして右端が手乗り三脚です。

ダミー電池は抵抗などが入れられるタイプで精巧に出来ています。三脚は私の防水デジカメ用に購入しました。これでお風呂でも定点撮影できます(^^)v。

Sany0009 わたしの作ったダミー電池とは…(^^;;;

悲しいかな一流品と粗悪品の比較のような画像です。

本日は更にもう一点ご紹介です!(またまたテレビショッピングじゃん)

Sany0013 A123リチウムバッテリーです。パワフル、安全、長寿命ということで購入してみました。私の場合、過去にリポバッテリを発火させて処分にてこずった(^^;ことがあるので安全ということが大きな購入動機ですね。

上が7,4V1700mAhのリポ、下が6,6V1100mAhのA123ですどちらも同じ重さです。やはり軽さを取るならリポのほうが有利ですかね。A123はリポバッテリーに代わるというよりニッケル水素バッテリーに代えて使用することを考えたほうがいいのかも知れませんしね。

Sany0014 こちらは9,9V1100mAhのA123、下が同じ重さ(135g)のリポ11,1V1700mAhです。一番下は11,1V1300mAhで111gです。

もう少し軽くなれば、リポに取って代わるんだろうな。

本日はご報告まで。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

自動浮沈式サブマリン707完成

046 自動浮沈式のサブマリン707が完成です。後は実際にプールでテストをして最終調整ですね。

画像の奥が自動浮沈式で手前がRC式です。RC式は船体真ん中部分で5mm厚くしてあるのでこの画像でもボリュームありますね。

この角度からだとオリジナルの方がかっこいいかな(^^:

041今回は強制的に 潜舵をコントロールしているため自動浮沈の深度や潜行距離などが不明です。そこでセイルの潜舵を可動調整式にしてみました。画像の後ろに飛び出ているピアノ線で調整します。効果があるかはやってみないと分かりません(^^;

">1,5vで稼動してみましたオリジナルのスクリューで稼動させていますが本番では1,5vの場合は1,5倍寸?の物を使用する予定です。

048 リアから見るとオリジナルのスクリューのバランスはいいですね。

8月24日に追浜プールにて両艦ともテストします(^^)v。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

ダミー電池作製

皆さんお盆休みなのでしょうか?通勤電車内も空いています(^^)

私も13日からは夏休みでーす!\(^^)/

ところで只今作製中の自動浮沈式サブマリン707ですが非常に気になる点があります。

皆さんもお気づきかもしれませんが潜舵の動きがちと早すぎないかい?ですよね(^^;

そこで何か対策をと考えてみました。

Sany0005 まず一番簡単と思われるのが3V→1,5Vへ変更です。そこでダミー電池を作製してみました。

これには単4型電池に被せて単3型に大きくするカバーを利用しました。

ただプラス側に付いているボタンに銅板を切ったものをハンダ付けしただけです(^^;

Sany0010 これに錘を入れて単3と同じ重さにしました。

これで潜舵の上下スピードは半減、やったー!でも船の速度も半減ゲゲー(^^;;;

Sany0017 そこで余っていたスクリューを利用してスクリューを大きくしてみました。

左がノーマル右が1,5倍寸?仕様。

これで少しスピードアップかな?

出来上がったらこれらを取り替えてテストしてみます。どの組み合わせが良いのだろう?

| | コメント (4) | トラックバック (0)

自動浮沈装置

皆さん、お暑うございます(^^)。毎日ほんとに暑いですね、昨日高速道路を走っていたら車外温度計が41度!

2008080316370000 道路の上は暑いんですね(^^;

Sany0003話し変わってサブマリン707ですが、自動浮沈用のギヤも組み込みも終わりそろそろ追い込みです。

RC仕様と違って前方のミサイル格納庫?は密閉し空気室としてしました。また後方のそれは密閉せずに万一の時のため機械室からパイプを通してあります(画像なくてすみません)。

Sany0005 ここがスイッチです。

後は一応バランス取りもしておかないといけませんね。この模型は単2型電池を入れるように設計されていますが、実際には加工しないと上手く入りません。なぜでしょう?

ひょっとして昔の紙巻きの電池仕様ということでしょうか(^^;?昔は電池が少し細かった?

とにかく単3仕様に変更です。

Sany0001 EVOLTAは単2が2個で134g、単3だと2個で48g

Sany0002 電池室カバーに錘を入れて単32個いれて124g。まだ軽いです。

しかし元々の設計はどのぐらいの重さだったのでしょう?

紙巻き電池で設計されているのならひょっとしたらこれでも重いかも。紙巻電池の重さっていかほど?。

とりあえずこれで仕上げて後は調整していくことにしました。

">エンジン始動

ちょっと早すぎるかなぁ(^^;

| | コメント (5) | トラックバック (0)

« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »