« 2009年8月 | トップページ | 2009年10月 »

諸々

レガッタから帰ってきて暫くぐったり、模型作りもお休みしていました。でも昨日は1日中暇だったのでちょこっと整備です

Sany0002 Sany0005

まずはアクラ級からです。電飾が無かったので右舷左舷灯を装着してみました。抵抗値を変えて同じぐらいの明るさになるようにと思ったのですが中々難しいですね赤のほうが少し明るいかなぁ?

Sany0006 内側はLED舷灯部及び基盤を直接船体内部にエポキシ樹脂で接着してあります。これで防水は大丈夫?かな。

Sany0011 Sany0015

Sany0017

セイル前方部とセイル左舷の拡大画像ですエッチングパーツを使用しているのがよく分かります

午後は天気が良いので近所を1人で散歩、近くのカフェで息抜きして帰宅。

夕方からはレガッタにも持っていったヤマダのUボートの整備です。

Sany0048 レガッタから帰宅時はちゃんと動いていたのですが昨日試したら片側モーターが死んでましたこの画像は船体下部より見たところです。メカ室のビス止めの蓋をはずし後方モーター室をはずしてあります。モーター室はバスコークで固定してあるので脱着は比較的簡単にできます

Sany0051 Sany0052

内部の画像はありませんがモーターを入れ替えてプラ板で蓋をしたところです。ここもバスコークで止めています。

Sany0045 モーターはこのようなマイクロモーターをギヤダウンして使っています。ギア比は5,25:1だったと思います

Sany0058 後はハル上部へモーター室をバスコークで接着すれば完成ですね

このプラモは船体が厚く丈夫に出来ているのでとてもラジコン化し易かったです。メンテナンス性もよいので今後も長く遊べそうですよ

Sany0043 我、海人党艦隊にはこれと似た形態のプラモでサブマリン707があります。この707もモーターをφ7mmのマイクロモーターをギアダウンさせています。モーターが小さいと当然消費電力も小さくなるのでバッテリーも長持ちします何しろ両者とも350mAhのリポですからね

Sany0037 707の縦舵は下側のみ可動するようにして上側は固定と改良しました。スペースの関係でこのようにしたのですがそんなに問題なさそうですよ

Sany0035

アップで見ると迫力ありますね

ところでこの部分は何でしょう?シュノーケルかなぁ?

Sany0026 Sany0027

1/700タイフーン級も塗装出来上がりました。巨大化させたバウプレーンで潜行してくれるようになりました。でも直ぐにノーコン状態となり浮いてきます。潜望鏡深度ぐらいで走らせたいですね。あれ潜望鏡がもう折れている

| | コメント (4) | トラックバック (0)

サブレガッタに参加してきました

Sany0028_5 シルバーウイーク中、9月20日に開催されたJMSS主催のサブレガッタに参加してきました昨年と同じ場所(神戸市立フルーツフラワーパーク)で開催されましたが今年は長い連休中、また大型艦を持参ということもあり自家用車で行ってきました。

荷物は前日に積み込んであったので、土曜日の夕方仕事終了後直ぐに出発です予定では午前1時か2時ごろまでに現地近くのインターに到着して仮眠を取ったあと会場入りという手はずだったのですが…シルバーウイークという連休に加えて台風の影響で一部通行止めやば!午前2時なのにまだ大阪の手前眠くなったのでここで仮眠。しかし2時間ほどで目が覚めてしまい暗いうちに再び出発です

しかし結果これでよかったです、大阪でまた大渋滞結局ぎりぎりセーフ状態で到着となりました

Sany0008 Sany0036

これは競技参加の1/100 U212Aと自由走行用に持参した1/96アクラⅡです。

え?競技の結果ですか?聞かないでくださいよーお恥ずかしい成績でした。次回は頑張りましょう

Sany0034_4 Sany0035

潜望鏡深度でアクラ級に接近してくるのはアルファー級か

以下参加艦です。

Sany0006 山下さんのアルバコア、黒い船体がかっこいいですねフルスクラッチだそうです。

スケールは1/96(だったかな?)

Sany0021 これは永田さんのU-23です。流石の完成度で細部まできっちり作られていましたよ。

来年はこれで優勝を狙うのか?

Sany0022 これはご存知yoshiさんのU-boatです。なんと初参加にもかかわらずクラス優勝でした、あっぱれ

Sany0031 小さい画像しかなくてすみませんこれはご存知トムさんのマリーンです。やっぱりというか納得のクラスそして総合優勝しました。

流石日ごろの鍛錬の賜物ですね。私も見習います

Sany0032こちらも小さい画像ですみませんけど詳細はこちらでご確認ください。雲山さんのU214です。1/144で何とバラストタンク装備ですよ

Sany0017 こちらは瑞俊さんの参加艦、この地球防衛軍の冬月はぜひ追浜でAMMのSF艦とランデブーして頂きたいですねェ

Sany0019 これはtamo2さんのU-ⅩⅩⅦ ゼーフント、通常模型では溶接箇所を筋彫りしてあるのですがこれはリアルに溶接痕を再現してあります。

こちらで販売していますよ詳細はこちらでご確認ください。でも後1隻しかありません

その他画像が無くて済みませんが、SFクラスはJ.AMANOさんが優勝しました

ということは全種目AMMのメンバーが1位ということですね。えへん

来年は私も頑張りまーす

| | コメント (10) | トラックバック (0)

アクラ級

今日も気持ちい良い天気です

昨日は根岸のプールセンターで開かれたAMMのミーティングに参加してきました

今日と同様天候も良く暑いぐらいでしたよ

今回の目的は来週20日に開催されるJMSSのレガッタに向けての最終調整です。我、海人党艦隊からは1/100 U212Aが競技に参加するので最後のチェックをしてきました。

U212Aはメカを一分積み換えた為バランス取りからやり直しました。結果良好で万全の体制で参加できそうです。後は私の操縦テクニック次第なんですがこれが一番不安だったりして

Sany0005 昨日は一番手前に写っているタスクフォースのサブマリン707も改修後復活しました。まだ少し浸水があるようなので原因を突き止めて再改修が必要なようです。何しろ昨日のテスト水深は50、60cmでしたからね。こんなんで浸水していたら追浜のプールでは持ちこたえられません

Sany0004 それとまだ作製途中ですが1/700タイフーン級も調整のため持ち込みましたこれは中に京商のサブマリンモーターが入っていて前進後進左右と動くはずなんですが水に漬けたとたんに動きがおかしくなります。サブマリンモーターって水中に入れて使うはずなんだけどなぁアンテナも水上に出しているのになぜだろう 上手く動けばフロントの巨大化したバウプレーンで潜水するはずでした

Sany0010 Sany0011

Sany0012 Sany0015

それで私的には本日のメインイベントがこのアクラ級です

もう何もいうことが無いぐらいかっこいいです本日より海人党艦隊所属となりました。1/700タイフーン級がとても小さく見えますね←当たり前か

この艦はScale shipsの1/96アクラ級キットをMODEL-HIRAOで作製していただいたものです。

キットと言ってもハルだけなので中身は「はるしお」と同様のメカが積んであります。

それにしても多数のエッチングパーツが使用され細部まで再現されていて素晴らしいです。フロントのデカールも決まっていますね。流石にプロは技術が違います。走行シーンの画像が無いのですが悠々とプールを走行する様は迫力ありました。

Sany0001 Sany0002

昨日はヤフオクでゲットした水中ビデオカメラも持参しました。水深20mまでOKということだったのでU212Aにゴムベルトで装着して撮影してみました。が自宅で確認しても画像が映っていません。数日前室内で試した時はちゃんと写っていたんですがなぜでしょう?

うーんいけないと知りつつ分解してみました。え!なんと中に水滴が!20mまで大丈夫じゃないのかよ。乾かしてみたけど初めの映像にはもどらずイマイチ色調がおかしいです。仕方ないのでもう少し様子みることにします。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

1/700タイフーン級

今日は良い天気気温も高く気分も昨日は寒かったですよね

Sany0001 Sany0004

1/700タイフーン級の作製状況です。潜水艦は部品が少ないのであっという間に大体の形になってしまいますねこのタイフーン級も上下ハルとセールを付けるだけでほぼ完成系になります。

Sany0006 キットのままの上下ハルだけでも良いのですがスクリュー軸にスタンチューブを使用するため上部ハルの後半をカットしました。画像は内径1mmのステンレスパイプを挿入したところです。こうしておくことでプラのままより耐久性は格段に上がります

Sany0015 スクリューを入れてみました。スクリューはサブマリンモーターの物で少し大きいのでスクリュー周りを少し削りました。これでスムーズにスクリューが回りそうですあとは周辺を綺麗に整形して塗装かな?

Sany0013 パーツを切り出して付けただけでもバリも無くぴったり合いますちょとペーパーがけすれば良い感じになりそうですね

そうだ肝心の船首バウプレーンをどうしよう

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2009年8月 | トップページ | 2009年10月 »