« 2011年7月 | トップページ | 2011年9月 »

ロケット発射台

002 ここのところ東京は涼しい日がつづきます

今日も肌寒く先週までの暑さが嘘のようです、ここまで涼しくなってしまうとあの暑さも少し愛おしいかな?

ところで昨日はAMMの追浜ミーティングにいく予定だったのですが、子供の体調が悪く私も外出禁止となってしまいました

朝一で近くの小児科を受診、結局原因わからず自宅にて様子をみることに。

日中は比較的機嫌よく普段通りに元気よくしていますが夜になると騒ぎ出す?んです

たぶん夏風邪なんじゃないかと…

そんなわけで昨日は家でゴロゴロ、すると妻が「ロケット作って」と。???

何のことかと聞くと、妻がバイトしている英語塾で使うとのこと。

「いいよ」と即答したものの、ペットボトルとトイレットペーパーの芯で作れとの指示におまけに短時間でお母さんと子供だけで組み立てらるようにキット化しておくこととな

面倒くさい頼みであるが今後のことを考えて一生懸命(のふり)作ってみました。

まずは4組作れ(4組しか生徒がいないのかなぁ)との指示なのでペットボトルを用意。

005 ペットボトルの上下をカットして筒状に、飲み口はロケットの先端にしようかと思い捨てずにとっておきます。

007 筒状にしたペットボトルの上部に2か所ゴム通し用の穴を開けます。はんだこてを使うときれいに滑らかに穴が開きます

カットした上下もライターなどで炙って滑らかにしておきます。溶けすぎて歪んでしまいましたが機能的にはあまり変わらないのでOKでしょう

004 輪ゴム二つを繋いで、開けた穴に通してセロハンテープと竹串と短くカットしたもで留めます。

011 で、どうやって飛ばすかというと画像のようにゴムを下に引っ張っぱります。そこにロケットを差し込み、押さえていたゴムを離すとポンっとロケットが飛び出します。

先端に飲み口を付けて重くしてあるのもグッドです

上手く発射出来れば先端から弧を描いて飛んでいきます

私の工作がかなり荒いですが後は生徒の方々でセンス良くロケットを作ってもらえれば良いのでは?

| | コメント (10) | トラックバック (0)

本棚はこーんな感じ

今日の東京はすごかったですね、気温も午後からぐーんと下がって過ごしやすくなりました。これなら夜も寝苦しくないかな

001ところで、作製中の本棚ですがほぼ完成しました 扉にディスプレイ用の取っ手を付けてと。

004 007 それを蝶番で留めると

こーんな感じに

012 絵本を置いてみるといいじゃん

妻のリクエスト通りのディスプレイ付本棚の完成娘に喜んでもらえるかな?

あとは品質保持の為にオイルステインで塗装すれば終了

| | コメント (2) | トラックバック (0)

家具作製!

暑い暑い、本当に暑いです

先日、休暇で友人のいるマレーシアに数日行ってきました

向こうも暑かったけど、東京の暑さはさらに厳しいように思います。

今日から仕事復帰しておりますが日中は外に出たくないですね

水もの大好き人間としては夏は嬉しいのですが、秋が恋しい今日この頃です

ところで今日は潜水艦ねたではありません

我が家の娘のためにと計画しておりました本棚の話です

最近は手軽な値段で便利な家具が買えるようになりました、本棚も例外ではなく良いものがたくさん売りだされていますね。

しかし、今回は娘の為に末長く使えるようにと(いつまで使ってくれるか分かりませんが)本棚自作です

材料は、パイン集成材と背面がシナベニア合板です。まあ、自作といっても木材カットはプロにお任せですが

004 マレーシアから帰るとちょうど注文していた材料が届いていました

上の画像の背面板を立てかけた位置に本棚がぴったりくるように寸法取りしました。

Assem1 完成後のイメージとしてはこんな感じですね、扉つきで扉の表側にディスプレイ用の棚が付きます

007 1日かけてやっとここまで出来ました。作製には木ねじと木工用ボンドを使用します。途中経過無くてすみませんこの画像は逆さまにしてありますが、逆さまにして天板を木工用ボンドで固定しているところです。

010 ボンド硬化後上下をもとにもでしてみました。上に乗っているのが扉につける本をディスプレイする棚?です

後は扉を付けて組み立ては一応終わり、もう1日かな?

塗装はどうしましょうそのまペーパーかけだけでもいいような…

完成後また報告書き込みしますね

| | コメント (0) | トラックバック (0)

船首バウプレイン&バランス

お暑うございます、いやーホントに毎日暑いですね

昼食時に外出し3分ぐらい歩いただけで汗だくです

こんな日はプールにザブーンといきたいところですが…仕事仕事

と言いつつもブログ更新です。

童友社のUボート続きですよ。

016 船首バウプレイン(でいいのかな?)を可動式に改良です。まずはバウプレインを取り去り画像のように真鍮棒にピニオンギヤを刺したものを装着します

021こんな感じ

025 続いて同部の甲板に穴をあけφ3mmのプラ棒にφ1mmのピアノ線を付けたものを挿入します。

029 それを画像のようにピニオンの真ん中上に接するように(ギアに咬むように)装着します。

これでバウプレインの角度はカチカチと調整可能になります。大成功(なはずでしたが…詳細は後日)

一応塗装以外はほぼ完成したので今度はバランス取りをしましょう。

033 初めに鉛のバラストを入れて空中で調整です大体このぐらいかな

042 で今度は水中で潜望鏡深度で(なんてね

調整

どうでしょう今度こそ潜望鏡深度でサーット走行かな?

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2011年7月 | トップページ | 2011年9月 »