« 2011年10月 | トップページ | 2012年4月 »

1/700 伊400作製開始

012


こんにちは今日は暖かで仕事場から見える桜の花もちらほら咲き始めました

来週はお花見かな?やっと春が来たと実感しました

009春になり水温む季節です水ものプラモ作りましょう

そこで今回はAOSHIMAの1/700伊400のフルハルモデルを作製してみました。

どうせ作るのなら動くようにしようと思いモーターライズ化です

006スクリュー作ってみましたの画像です。

隣のアクリル棒はφ5mmです。0,3mm真鍮板とφ0,8mmピアノ線を使用しハンダで付けてあります。そう2個あるということは2軸です

2軸にするとロール方向の安定性が増すと思ったので挑戦してみました、しかしスクリューをスケールに合わせると機能させるには小さすぎるのでこの大きさにしました。

ちゃんと走るのかは分かりません

015モーターとバッテリーを積んで配線したところです。

016_2モーターはφ4mm、バッテリーは余りのトイラジ用の2,4Vの2次電池です

018こうしてみるとスクリュー巨大すぎるぅ~

後はスイッチをどうやって付けるかですね。どうしよう

013これは充電用のスタンドです。画像上に出ているネジに乾電池を繋ぎ潜水艦を乗せると充電開始となります。ハトメが接点です


あ、これはラジコンではありませんよ














| | コメント (0) | トラックバック (0)

ものつくり大国日本は健在か?

昨日はJAMSTECで開催された水中ロボコンに参加してきました

水中ロボコンの詳細についてはHPを見てくださいね。

006 2日目朝の開会式(じみ

簡単に言うと、このイベントは水中ロボットを使って競技をします。

ですので水中ロボットをもっていない(と言うか作れない)海人党はデモ要員としての参加でした。

002009

私はご存知「よみうり号」を使って水中に沈んだ空き缶を回収しました

空き缶回収といっても、この潜水艇の付けたマグネットでくっ付けて持ってくるだけです

午前、午後2回出番がありましたが、2回目はノーコントラブルに見舞われ回収不能でしたとっても恥ずかしかったですよ

で、肝心の競技がどうだったかですがでして、とても難しいみたいでしたね。

超有名大学の精鋭達が挑戦しても競技コースを完走するのも出来たのかなぁ?という感じでしたね。私もあまり良く見ていなかったのですがね

人間が操縦するラジコンなら簡単なのにロボットだと難しい??

そんなんであまり参加艇には興味なかった私ですが、気になる参加艇?魚?がありました。

それは大阪市立大学の小型魚ロボットFOCUSです。

016ちょっと分かりにくいですが30cmたらずの大きさの魚型ロボットで本当に魚のようにうごいてました。

画像左上の赤いボードを追いかけるように泳いでいましたよ。

">小型魚ロボット動画です

かわいいでしょ

| | コメント (2)

アカデミー U-boat ⅨB再び

今日もで少し寒い?なかなか春らしくなってくれませんね

本日はアカデミーのU-boatの報告です。Imag0378

このプラモデルは現在販売されているので新品が購入できるんです。アカデミーさんありがとう

私は童友社のⅦ型よりもハルの容積が大きなこのⅨ型の方が好きです。なぜなら当たり前ですが容積が大きい分メカ積みが楽だからです

以前にも電動ポンプ搭載しラジコン化を試みましたが出来が悪く失敗作となってしまいました

そこで再び挑戦です。

183例によって海人党流ですが船体をプラ棒でかさ上げしてあります。今回は最大部で12mmです

193これだけかさ上げしてもそんなにバランス悪くないのでは?と思うのは私だけ?

189これはほぼ主要メカ積みこみ完了画像です。左手前の大きなサーボはバラストタンク用のセールサーボです。

今回のバラストタンクにはペットショップに売っていた大型のスポイトを利用しました。

">バラストタンク作動テスト

動画です。

水中テストしてみましたが私の思惑どおり機能してくれました






| | コメント (20)

1/700TYPHOON

こんにちは今日はですがそんなに寒くなくすごしやすい日です。

昨日に引き続き現状報告第2段です

155169

1/700Typhoon級はほぼ完成しております。一応テストも良好で潜水OKです。

この艦の水密は下ハルにバスコークをパッキンとしてはり、直接上部ハルを装着するだけで得られるようになってます

水密はだいたい数十cmでそれ以上になると浸水してきます。スピードが比較的早いので操縦を誤ると一気に深くまで潜ってしまうので注意が必要です。

浸水してもパワーがあるので自力で浮上出来るでしょうが内部メカはやられてしまうかもしれませんね

ただピッチコントローラーを装備していないので水中での深度維持はなかなか難しい

ピッチコンの威力に改めて感服です

後は塗装かな。

">メカテスト動画です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

春よ来い!

皆さんお久しぶりです本当にしばらくぶりですよね

秋が過ぎ、冬が過ぎ…もう3月

でもまだ寒いですよね、天気予報では今日あたりから暖かくなるらしいですが

今年に入って我が家では皆、風邪ひき状態というか順番に風邪をひいてなかなかすっきり治りません小さな子供も風邪悪化し入院してました

早く春らしい暖かな毎日が来ないかなぁ

それはさておき、そんな状況でも模型作りは怠りませんって自慢することもないのですが

兎に角、少しずつですがあっちこっちと色々な模型作製を進行させてました。

今日はニチモのイ‐19号につての報告です。

078_4光ファイバーの電飾も周りを暗くすれば良く見えます。

072_4艦橋後方もこんな感じ

ここまでは以前にも書いたと思います。

このほぼ完成で後はバランス取りをすれば完了だったのですが、なんやかんやで1年近く経ってしまいました。

なかなか潜水浮上が上手くいかず手を焼いておりますこの艦には色々と勉強させてもらいましたよ

海人党の実験艦といったところでしょうか?

就航前のテストで故障したので現在ドックで修理中です

126_3まずはモーターの交換、片方が腐食のためか死んでました両方とも交換しましょう。

136_3メンテできるとはいえ小型艦ゆえ作業は大変です。サーボをはずしてレシーバーを出さないとモーター交換は出来ませんあーしんど

149ついでにRNさん制作のマグネットスイッチも装備しました。

これでスイッチのON、OFFが楽になりました

">電飾の動画です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年10月 | トップページ | 2012年4月 »