« 2013年6月 | トップページ | 2013年8月 »

海底世界一周

今日もsunて暑いですsweat01、でも先週のように35℃を超えるようなことはないみたいで朝晩はすごしやすい?

今日はちょっと変わったイベントが仕事場近くで開催されていたので見学してきました。

Photo

会場は事後場から自転車で5分たらずの処にあります。初めて訪問しましたがとてもマイナー?なところですsweat01

なんだか入る前からやな予感coldsweats01

Photo_2

イベント名は「海底世界一周 第6回ノーチラス号デザインプロジェクト」となっております。

主催にデジタルハリウッド大学院と書かれていたので期待して入場(無料)しました。

Photo_3Photo_4

センターの玄関入るとすぐに目に入ってきたのがこの画像、おsign01やってるやってる

そのまま中に進むとsign02sign02eye小津安二郎(行った人しか分からない)?

ああ、これだけかぁcoldsweats02。会場にも私だけ、人気ないなぁdowncrying

やはり海底(水中)模型とかって人気無いのかなぁ。平日だからなのかcoldsweats01

しかし展示の作品はどれも力作ばかり、興味を抱かせる作品もいくつかありました。

出来ればCGや写真などの2次元より3次元モデルが多く展示されていたらなあと思うのはわたしでけでしょうか?coldsweats01

オンライン3D環境セカンドライフ内でも展示されているようですが…。

Photo_5こんなふうにhappy01sign012006年度のRC艦隊さんの作品です。

私もいつか出品できるように考えてみよう。











| | コメント (4) | トラックバック (0)

追浜ミーティング

こんにちはhappy01先週までの暑さはどこに?昨日今日と涼しいですよね。昨夜は冷房つけずに熟睡できましたscissors

さて先日の日曜日にJAMSTECの追浜プールで開催されたAMMのミーティングに参加してきました。

毎回、参加者は自分の水中ビークルなどをテストするのですが、自分のテスト走行以外の時間は他の参加者のモデル?を見学するのもとても楽しいです。

今回も私の興味あるモデルがいくつかありましたhappy01

001008

まずはトムさんのフライングサブ海外のモデラーが作製したのはネットで見たことありますが現物は初めて見ました。私もプラモのキットは持ってますがRC化はいつに?coldsweats01

012013


続いてはRC艦隊さんのサブマリン707、流石によく出来ております。プロは違うなあsweat01

因みに手前に写っている小さいほうが私の707ですscissors。RC艦隊さんの707はなんとソフビ製、今度(いつだったか忘れました)海洋堂から船体のみで完成済みで販売されるそうです。

RC化するにはちょうど良い大きさですがソフビですからねぇcoldsweats01私には無理crying でも型取り用に購入しようかなhappy01

018

当日、最も見応えあったのがyoshiさんのデロリアンeyeまだ完成前ですが走行テストでの参加です。

タイヤの格納ギミックもあり良くできていますねぇ。動画にてご覧ください。

">デロリアン

 いきなりテストでこの出来ですから流石ですcoldsweats01

最後にYDDock さんのエンタープライズ動画です

">エンタープライズ

いつ撮影しても絵になりますね。皆さん、この映像が見れるのは世界でこの追浜だけですよsign03



| | コメント (0) | トラックバック (0)

魚雷発射装置その後

梅雨が明けましたねhappy01なんかあっという間に梅雨あけしてしまったように思ううのは私だけ?coldsweats01

水物大好きの私にとってはうれしいことですがそれにしても今日も暑いsweat01sign03

昼間5分ほど外出しただけで汗だくcoldsweats02 熱中症要注意ですね。

002さて作製中のSkipjackですが少しずつ前進していますcoldsweats01

まずはハルの前後接合部の修正です。キットのまま接着しても間隙がどうしてもできてしまいます。そこで間隙を削除しまおしてからエバーグリーンの0,5㎜プラ棒で埋めてしまいます。この後パテ埋めしてペーパーがけすればOKです。

続いては難題の魚雷発射方法です。

004


007


金属板バネや真鍮パイプでフックを作ってみましたが上手くいきませんcrying

試行錯誤の末いきついたのがタコ糸sign02

">2回確実に引っ張れます

原始的ですがこいつが一番確実でした。

モデラーとしてはちょと不満ですが…

| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2013年6月 | トップページ | 2013年8月 »