追浜ミーティング

こんにちはhappy01

ご無沙汰でした、またまたしばし更新をさぼっておりましたcoldsweats01

ちょこちょこ模型作りはやっているのですがねぇ…

ところで昨日はJAMSTECで開催されたAMMの追浜ミーティングに参加しました。

038


サブマリン707にマグネットスイッチを追加したので走行テストです。

024


ちょうどRC艦隊さんのマラコッタも参加していたので一緒に遊ばせてもらいましたscissors

スケールが大体同スケールだと思うので一緒に走行させると楽しいです。

RC潜水艦としては超小型の部類に入ると思う2艦ですが両方とも低速走行させると中型艦と同様のリアル感がだせるのでは?と思うのは私でだけ?

動画もご覧ください

">マラコッタと

">シーガルとマラコッタと

">トムさんの轟天号

020これはトムさんの大艦隊coldsweats01

022_3707休息中、水密は良好でした。

このサブマリン707はこれにて完成とし後は遊ぶだけhappy01

もう少しスクリューを小さくして推進力をおさえてもよいかなと思っていますがそれは以降の作品に反映させるとしましょうcoldsweats01

私がめざす超小型艦でもスケール感ある走行ができるモデルを作る!

という命題に少し近づいた?かなsweat01

さあ次は大型艦SKIPJACKだsign03

| | コメント (2) | トラックバック (0)

追浜プール行ってきました!

014

春ですねhappy01今日の東京は良い天気sun気温も20℃ぐらいになるらしいscissors

仕事場横の桜の木もすっかり緑の葉っぱだけです(←あたりまえかcoldsweats01)

ところで昨日はJAMSTCで開催されたAMMのミーティングに参加してきました。

目的は完成したサブマリン707のテスト走行です。

自宅で調整したままのバランス状態ではパワー不足で潜水させることができませんcoldsweats02

006


そこでバラストを追加してこの画像ぐらいに調整です。これで比較的低速でも潜水できるようになりました。

動画なくてすみません、次回にでも撮影します。(誰か昨日撮影してまらえたかなcoldsweats01)

本当はもっと低速(スケール速度)で水中走行できるようにしたいのですがねぇcoldsweats02

なかなか難しそうです。

009


シュウシュウさんのサブマリン707と記念撮影scissors私の艦の約2倍寸ですね。

(因みに手前の私のが全長30センチ少々です。)

これぐらいの大きさがあれば水中でも優雅に走らせることが出来そうですね。

羨ましいsign01

さて昨日テスト走行して思ったのですが、テスト時はスイッチを取り付けていなかったので

電源ON/OFFのたびにメカボックスを開け閉めしなくてはいけませんでした。

これはとってもめんどくさいですgawk

012


そこで帰宅後、以前購入してあったKOGさんのマグネットスイッチ取り付けましたscissors

これでいちいち電源ON/OFFでハルを開けなくてすみますhappy01

マグネットスイッチって凄いsign03

でもまたバランス調整しなくてはですねsweat01

因みに昨日は深く潜水させることを(50㎝ぐらいまでかな?)しなかったので、浸水は無かったようです。

そうそう、今回作製して思ったのですが、この位のメカボックス(ドライボックス)の大きさだと今までのように外周にいくつもビス(ナット)留めしなくてもよさそうです。

今回はメカボッツクスに2㎜厚のアクリル板を使用して、パッキンはいつものバスコークです。

2㎜以上の厚みがあるアクリル板で幅が4、5cmのメカボックスなら左右の中心線のところをビス留めするだけでもよさそうです。パッキンの幅は5㎜以上あったほうが良いと思いますが。

勿論、ハルとメカボックスは強固に接着せれていなくてはいけません。

ビス留めする箇所が減ると整備性が良くなりますからうれしいですよね。

ワンタッチで可能であれば更によいのですがcoldsweats02私の技術では多分無理でしょうね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

サブマリン707の仕様

019

初のFRPハルで作製した707もほぼ完成しました。

046

まずはこのぐらいに喫水を調整しておきます。

後は実際にプールで走らせてみて再調整するかもしれません。

041

040_4045


今回、メカ類はすべてネジ留め式で取り外して交換できるようにしてありますscissors

水没したときなどでcoldsweats02メカ交換が必要な場合、接着だと大変ですからね。

画像でも分かるようにメカボックス内は比較的余裕あります、今後ピッチコントローラーや

マグネットスイッチなど追加できるかもcoldsweats01

以下が参考までに一応、今回のサブマリン707の仕様です。

ハル  :   FRP(エポキシ樹脂)

ドライボッツクス(メカボッツクス)  :  2㎜厚アクリル板で作製

モーターおよびギヤユニット :   φ6㎜モーター、インドアプレーン用ギヤダウンユニット         

サーボ :  ROBIN 1.5g RB-S015 MF リニアマイクロサーボ

スピードコントローラー  :   KOG RC回路試作室製 MC21 リポ1セル専用スピコン

バッテリー  :   Dualsky 20-30C放電 3.7V520mAh XP01501ES

レシーバー  :   中国ZX社のR4J40 

こんなところでしょうか。何かご質問等あればコメントに入れてください。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

塗装しました

私にとっての初FRP作成潜水艦模型サブマリン707も完成まじか(o^-^o)

塗装終了しました。色はほぼプラモデルの設計図通りでしょうか(^-^;

Sany0042

Sany0050

塗装前に浴槽にてバランステストしたところエア抜けが悪かったので穴だらけ(;´д`)トホホ…

まあRC化にはしかたないですね。

Sany0052例の顔絵?もヽ(´▽`)/




| | コメント (0) | トラックバック (0)

暖かいです!

今日は暖かいですよsunhappy01気温20℃以上あるんじゃないですかscissors

だんだん水遊びには良い季節になってきました?ねcoldsweats01

最近は週末になると行事予定が入ってしまいなかなか遊びに行けません。

先日完成した紙飛行機も飛ばせずじまいですcoldsweats02今週も来週も××;

でも遊びには行けないのですが模型作りはちょっと進んでますよ。

001


003


サブマリン707のパーツも作製しましたhappy01

007


リンケージもいい感じじゃないですかeyecoldsweats01

ラダー用サーボはメカボックスの蓋側に取り付けます。

この状態で防水テスト50cmはOKでしたscissors

後はメカ積みして塗装へとsweat01

| | コメント (2) | トラックバック (0)

メカ室作製

空ものへ浮気中の海人党ですがcoldsweats01

水ものもちゃんと進行中ですよscissors

001


003

メカ室の作製がほぼ出来上がりました。メカボックスの蓋をこのようにすることでメカ積みスペースを大分確保できましたscissors

006

上下ハルの固定方法は、前部は通常どおり下からビス止め、後部は画像のようにφ2㎜真鍮棒を内径2㎜の真鍮パイプに挿入します。

さて、次はメカ積みですsign01happy01




| | コメント (0) | トラックバック (0)

明けましておめでとうございます!

皆様、明けましておめでとうございますm(_ _)m

本年もよろしくお願いいたします。

とっても久しぶりの更新で申し訳ないですcoldsweats01
久しぶり過ぎてココログのログインIDを忘れてしまい焦りました。

昨年は更新回数が少なく「何もしていないのでは?」と思っている方もいらっしゃるのでは?
実は、少しづつですが模型つくりは進めています。
ああ、もっと自分の時間がほしい!bearing

昨年はなかなか更新できませんでしたが、今年からは進展状況にかかわらず更新していきたいと思っております(*^.^*)

新年第1弾は以前に型取りしFRPハルを作成していたサブマリン707です。

009 010_4 012_2 現在はこのような状態であります。

リンケージ部分は一応完成しメカボッツスの作成のこれから入るところです。
こいつが一筋縄ではいきません、何しろハル下の深さは15㎜はどしかないですからcoldsweats01

 003_3 004リンケージはこんな風に蝋付けし作りました。この辺は職業柄仕事場で簡単にできてしまいますhappy01

 007 ちょと分かりずらいですがリンケージの状態です。

WTCの場合はここが出来上がるとあとは何とかなると考えられましたが…coldsweats02

メカボックスどうしよう( ̄Д ̄;;

現在進行形はこのサブマリン707の他にも幾つかあるので今後はしちらもブログアップします。

ではでは
















| | コメント (0) | トラックバック (0)