海底世界一周

今日もsunて暑いですsweat01、でも先週のように35℃を超えるようなことはないみたいで朝晩はすごしやすい?

今日はちょっと変わったイベントが仕事場近くで開催されていたので見学してきました。

Photo

会場は事後場から自転車で5分たらずの処にあります。初めて訪問しましたがとてもマイナー?なところですsweat01

なんだか入る前からやな予感coldsweats01

Photo_2

イベント名は「海底世界一周 第6回ノーチラス号デザインプロジェクト」となっております。

主催にデジタルハリウッド大学院と書かれていたので期待して入場(無料)しました。

Photo_3Photo_4

センターの玄関入るとすぐに目に入ってきたのがこの画像、おsign01やってるやってる

そのまま中に進むとsign02sign02eye小津安二郎(行った人しか分からない)?

ああ、これだけかぁcoldsweats02。会場にも私だけ、人気ないなぁdowncrying

やはり海底(水中)模型とかって人気無いのかなぁ。平日だからなのかcoldsweats01

しかし展示の作品はどれも力作ばかり、興味を抱かせる作品もいくつかありました。

出来ればCGや写真などの2次元より3次元モデルが多く展示されていたらなあと思うのはわたしでけでしょうか?coldsweats01

オンライン3D環境セカンドライフ内でも展示されているようですが…。

Photo_5こんなふうにhappy01sign012006年度のRC艦隊さんの作品です。

私もいつか出品できるように考えてみよう。











| | コメント (4) | トラックバック (0)

ものつくり大国日本は健在か?

昨日はJAMSTECで開催された水中ロボコンに参加してきましたhappy01

水中ロボコンの詳細についてはHPを見てくださいね。

006 2日目朝の開会式(じみsweat01

簡単に言うと、このイベントは水中ロボットを使って競技をします。

ですので水中ロボットをもっていない(と言うか作れないcoldsweats01)海人党はデモ要員としての参加でした。

002009

私はご存知「よみうり号」を使って水中に沈んだ空き缶を回収しましたscissors

空き缶回収といっても、この潜水艇の付けたマグネットでくっ付けて持ってくるだけですcoldsweats01

午前、午後2回出番がありましたが、2回目はノーコントラブルに見舞われ回収不能でしたcoldsweats02とっても恥ずかしかったですよ

で、肝心の競技がどうだったかですがcoldsweats01coldsweats01sign02でして、とても難しいみたいでしたね。

超有名大学の精鋭達が挑戦しても競技コースを完走するのも出来たのかなぁ?という感じでしたね。私もあまり良く見ていなかったのですがねcoldsweats02

人間が操縦するラジコンなら簡単なのにロボットだと難しい??

そんなんであまり参加艇には興味なかった私ですが、気になる参加艇?魚?がありました。

それは大阪市立大学の小型魚ロボットFOCUSです。

016ちょっと分かりにくいですが30cmたらずの大きさの魚型ロボットで本当に魚のようにうごいてました。

画像左上の赤いボードを追いかけるように泳いでいましたよ。

">小型魚ロボット動画です

かわいいでしょhappy01

| | コメント (2)