少々改良

ここのところ毎日春らしい天候sunで気持ち良いですねupwardrighthappy01

先日お世話になったレジャーホテルでこの企画がOKgoodになったそうです(v^ー゜)ヤッタネ!!

そこで大々的に宣伝しちゃいますflair場所は渋谷駅近くでP&A PLAZAというところです。裏と表に出入り口があり所謂ラブホという感じじゃないのでとても入りやすかったですよ。皆さんもどんどん利用しちゃいましょう!happy01

さて建造中のU212Aですが、前回のホテルミーティング時にいくつか要改良点が分かりました。

Sany0005 スロットルに過敏に反応してしまいスピードコントロールが難しいことへの対策としてまずスクリューを削って小型化しました。これだけでもだいぶ違いそうですhappy01。それとアンプはクァンタムマイクロリバースを積んでいるのですがこのアンプは学習機能付とのことで少し慣らしが必要なようです。手始めにWTCだけの状態でフルスロットル運転を何度か繰り返しておきました。これで次回ミーティングにて確認したいと思います。あ、それとトルク負けにより船体の傾きを改善するために鉛バラストと浮力材を追加してあります。

Sany0007 今後は塗装も開始していきますよォ!上手く塗れるかちょっと不安ですけどweep

| | コメント (13) | トラックバック (0)

潜望鏡

今日も朝から東京などは冷たい雨rainが降っています。三月になっても全然暖かくならないですねェ(;´д`)トホホ…。8日のミーティングの天気も心配ですthink

Sany0007 U212Aの潜望鏡部分をいくつか作製してみました。細かいディティールはよく分からないので適当ですcoldsweats01

Sany0011 で、これらをどのように設置するかですが、前回作製しておいたセール内の造作にとりあえず輪ゴムを何本か取り付けます。

Sany0019 Sany0021

そして上から潜望鏡などを挿入するだけで(^-^;、ね、ちゃんと立っているでしょ?抜き差しは簡単ですがこのままだと少し不安定なのでもう少し輪ゴムを増やすか何か対策を考えましょう。

実際水中ではどうなのでしょう?乞うご期待scissors

| | コメント (4) | トラックバック (0)

快晴です!

今日は朝から快晴sunですhappy01。こんな良い天気は久しぶりscissorsでもちょっと肌寒いですよcoldsweats01

水物yachtな私たちには春の暖かさが待ち遠しいheart02今日この頃です。

そろそろU212Aも出来上がりが見えてきました。

Sany0015 U212A専用の船台を作製してみました。3mm厚のアクリル板とφ5mmの真鍮パイプ、それにφ3mmのピアノ線で作りました。いわゆる端材ですね(^-^;。ビスとエポキシ樹脂で留めてありますが結構丈夫に出来上がりました(v^ー゜)ヤッタネ!!

Sany0019 WTCも御覧のとおりメカ類設置完了です。潜望鏡用にもう1チャンネルと考えて見ましたがこれではちょっとスペースが足りませんね、LED用配線がやっとでした。スペース有効活用という点ではWTCはやはり不利ですねcoldsweats01

Sany0011 これはセールの内側です。ピンの上に板が乗っている構造物はなんでしょう?自分でもどう使おうか迷っているのですが潜望鏡のガイドですこれにゴムバンドを巻いて簡単に上下出来るようになるかなぁι(´Д`υ)アセアセ

Sany0016 LEDを仮止めした画像です。

Sany0031 Sany0023

WTCを入れてスイッチONの状態です。LEDはちょっと明るすぎ?(^-^;

ところでそろそろ塗装の準備もしなくてはいけません。どんな色にしたら良いのでしょう?迷いますよね。今回はラッカーを何種類か混合して色を作りたいと思いますが基本はグレーやブラック系でしょうね。レベルのプラモの設計図に載っている見本を参考にするるつもりです。あとはせっかくエアブラシ使うのでウエザリングも挑戦してみたいです。←ちょっと怖いですが…(^-^;

Sany0004 これは予備に作っておいた透明パーツです。途中で無くなったりした場合にと作っておきました。

厚さは3mmほどあり透明度は御覧の通り、固さも良好です。気泡は肉眼では皆無ですので研磨次第ではガラスのように透明になると思います。

で、取っておいても仕方ないのでどなたかご入用の方に無料にてお譲りしたいと思いここに掲載しました。たもつ模型でU212Aをご購入の方でご希望の方はコメントにてご一報ください迅速に対応いたします。カットも大雑把でよければいたしますよ。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

老眼に鞭を打って

来週からは3月だというのにまだまだ寒いですね。今日の東京はsnowが降ってます(@Д@;

さてたもつ模型製U212Aの進展状況をお知らせいたします。

左右の舷灯をやはりチップLEDで作製してみました。

Sany0005 ヤマダのUボートの時と同じ東芝製のチップLEDを使用しました。

大きさは何と2.0X1.25X1.1mm!今回も老眼鏡&拡大鏡のお世話になっておりますhappy01

U212Aの実物画像などを観察すると右舷左舷灯供にセールに付いている窓のようなところの後ろ奥についているようです。ちょうどチップLEDを前回作製したクリアーパーツ裏に取り付けると良いのかなー( ^ω^ )なんて考えて…

Sany0014 こんなふうに取り付けてみました。右のは3φの白LEDを削って細くしたものです、これはちょっと明るいですがセール後部に取り付けます。

右舷左舷灯は船体側以外は黒で塗装して一応完成です。画像がないので申し訳ありませんが良い感じに光ってます。ただちょっと緑色が気に入りませんが…( ̄Д ̄;;これって黄緑なんですよね。東芝のHPで見ると純緑というのがありますからそっちなのかなぁ?まあ今回はこれで我慢します。

後は、こちらも画像がないのですがWTCはほぼ完成してます。初めてVミキサーを使用しましたが上手い具合の動いてくれます(当たり前か?)

残すは塗装と、あ!!潜望鏡だcoldsweats01

| | コメント (2) | トラックバック (0)

U212A到着

Sany0001 Sany0007

まだまだ作りかけの模型がいくつかあるにもかかわらず新作キット購入しました。

たもつ模型さんのU212Aです。詳細はたもつ模型さんのサイトを御覧いただくとして届いたばかりの状態の画像です。サフェーサー処理や筋彫りもほどこされており素晴らしい完成度のハルです。

Sany0045 リンケージも完成済みです。

Sany0046 舵類もこの通り作りこみ完了済み。

Sany0030 こちらはご存知のバラストタンク付きWTCですね。

これだけ完成度が高いキットはおそらく世界広しと言えどもそうは無いのでは?後はプラモデルのように組み立てるだけですよhappy01

まあそんなに簡単にはいかないとは思いますが某海外キットとは違い作製意欲がふつふつと湧いてくることだけは確かです(v^ー゜)ヤッタネ!!

Sany0039 これは積み込み予定のメカ類です。今回ピッチコンは初めてRNさんの製品を使用してみる予定です。それとU212AはX翼なのでVミキサーを使用します。はじめはプロポでミキシングも考えたのですがそれだとピッチコンがVテール用のものしか使えない為コスト安のこの方法にしました。

それでは作製開始です。本当にこのまま組み上げても何の問題も無く完成してしまうと思うのですがそれだとちょと面白くないので何か自己流にギミックを入れたいと思います。

そこで一番ポピュラーなのはLDEによる電飾ですよね。

Sany0024 そこで右舷左舷灯とセール後部の照明(なんて言うんだっけ?)をシリコンで型取しました。ここに離型剤を塗ってクリスタルレジンというエポキシ樹脂を流し込みます。

Sany0027 これはシリコンのパテタイプで取った型ですこれでも結構キレイに印象できてます。とりあえずこれは使用しないのですがこのタイプは経時的変形が少ないのでこのまま保管しておきます。

Sany0023 セールに穴を開けてみました。FRPって以外に簡単に削れるんですねcoldsweats01

Sany0017 これはクリスタルレジンをシリコン型から取り出して大体の形の削ったものです。下の二つはこの状態で4mmほど厚さがありますが良い透明感ですよね。

今回は日新レジンというところの2液性のものを使用しました。とても透明感があってよいのですが硬化時間長い(24~36時間、今回は冬場で気温低いので48時間おきました)のと規定量を正確に測って混和しないと上手く硬化してくれないというデメリット?がありますcoldsweats02。しかし用法通り使用すると御覧のように満足いくものが出来ますよ。シリコンに着いていた側を研磨してあげれば更に透明感増すと思います。

後はLEDをどうやって取り付けるかですね。本物は右舷左舷灯は少し奥まったところに小さく付いています。またチップLEDかな?(;´д`)トホホ…。セール後部は本物の画像ではカバーのような物はなく凹んだところにただ照明器具が付いているだけのようになっていますね。どうしよう?悩みどころ…

電飾考えている間にWTCの組み上げを先行させましょうhappy01

| | コメント (2) | トラックバック (0)